星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 この6ヵ月間で最悪の流出量、福島第一原発で再び高濃度汚染水が流出 】[ニューヨークタイムズ]

【 この6ヵ月間で最悪の流出量、福島第一原発で再び高濃度汚染水が流出 】[ニューヨークタイムズ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

ベータ線を出す放射性物質は2億4,000万ベクレル、過去最高の濃度
汚染水の保管、進まない事故収束、未解明の毎日数百トンに上る汚染水の流れ込み実態

マーティン・ファクラー / ニューヨークタイムズ 2月20日

最悪の汚染水漏れ
東京電力は20日木曜日、福島第一原発内の数百基の地上タンクの内のひとつから、過去最高濃度の放射性物質を含む汚染水約100トンが流出したと発表しました。
その流出量はこの半年間で最悪のものです。

東京電力は汚染水漏れは19日水曜日に発見され、翌日に止めることが出来たと発表しました。
そして発生個所は海からは遠く、これまでの汚染水漏れ事故同様、太平洋に流れ込む可能性は無いと語りました。

しかし今回の事故は、福島第一原発の現状が、汚染水の保管と事故収束・廃炉作業に非常に難渋しており、その前途も容易ではないこと、そして未だに毎日数百トンに上る汚染水が海洋中に流れ込んでいるにもかかわらず、その詳細な実態を把握できていない事を改めて思い知らせる、苦い出来事となりました。

東京電力は今回の事故の原因は、本来閉じていなければならないはずの弁が、人為的ミスにより2か所で開けっ放しになっていたことによるものだと語りました。

今回漏出した汚染水は、2011年3月に襲った巨大地震と巨大津波がきっかけとなり、福島第一原発の3基の原子炉がメルトダウンを引き起こした事故において、最も汚染のひどかったものの一つです。

汚染水タンク
東京電力によれば、今回漏出した汚染水には平均で1リットル当たり、ベータ放射線を放出する放射性物質が2億3,000万ベクレルと、これまでで最高値の放射性物質が含まれていました。
放射性物質のうちおよそ半分はストロンチウム-90で、人間の体内に入るとカルシウムとして認識され、骨に吸収され骨肉種や白血病を引き起こす場合があります。
汚染を示すこの数値は、日本政府が飲料水の限度としている安全基準の380万倍に達します。

この数値は今月の始めに東京電力が発表した、福島第一原発の施設内で回収された地下水よりも汚染がひどいことを表しています。
この時計測されたのは1リットル当たり500万ベクレルで、それ以前の発見場所よりももっと海に近い部分で採取されました。
東京電力は5カ月の間この汚染水漏れについて公表せず、批判を浴びていました。

事故発生以来、東京電力は問題の認識と状況把握が常に後手に回り、福島第一原発の真実の状況について隠せるものなら隠そうとする態度に終始し、その都度批判を浴びてきました。
それにもかかわらず、日本政府は福島第一原発の事故収束・廃炉作業を東京電力一社に任せきりにしてきました。

spiegel07
東京電力は破壊された原子炉建屋の地下部分に、毎日大量に流れ込んでくる地下水の処理に苦しんできました。
その量は一日あたり数百トンに上り、破壊された原子炉の炉心やメルトダウンした核燃料によって著しく汚染されてしまいます。
この高濃度の汚染水が太平洋に流れ込まないようにするため、東京電力は建屋の地下からポンプによってくみ出し、それを福島第一原発の敷地内に林立させた巨大な汚染水タンクに流しいれる作業を絶え間なく続けなければなりません。

東京電力によればこれまでこうして貯まってしまった高濃度汚染水の量は約340,000トンに上ります。
この量はオリンピック・サイズのプール135杯分以上になります。


 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +
「その場しのぎの対策が後の問題を作り出す、変わらない愚劣な繰り返し」という、福島第一原発の汚染水問題に対する東京電力の対応についてのニューヨークタイムズの記事があった事を思い出しました( http://kobajun.biz/?p=14646 )

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報