星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【 いきり立つ日本、突出する防衛予算 】

【 いきり立つ日本、突出する防衛予算 】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

第二次世界大戦以降最大規模に触れ上がる日本の軍事予算
基地建設反対派の新県知事の誕生とともに、沖縄への政治的圧力が一層強まっている

エコノミスト 1月19日

陸上自衛隊訓練
日本の軍事予算は、第二次世界大戦以降最大規模に触れ上がることになりました。

現在の日本の首相、安倍晋三氏は長年続いた軍事予算の削減を逆転させることを誓い、2012年政権の座に座りました。
以来安倍首相は3年連続でその『公約』を実現し続けています。

1月上旬、安倍政権は4兆9,800億円に上る記録的金額の防衛予算の一括法案を可決しました。
2002年に過去最高を記録した金額を超え、3年連続の増額を記録したことになります。

軍需品の購入品目には30台の水陸両用戦闘車両、3機の無人偵察機。6機の最新鋭F-35Aステルス戦闘機が含まれています。

日本の中谷元防衛大臣は、軍事予算の増額について、おなじみになった決まり文句「日本周辺の状況の変化」を理由に挙げ、ターボチャージャー付きの中国の台頭に対応するためのものだと強調しました。
防衛省の担当者は過去10年日本の軍事予算が縮小を続けている間、中国はその軍事費を30倍に増やしたことに言及し、日本は中国に追いつくべく巻き返しを図らなければならないと語りました。

中国海軍
新たな装備は、中国側が釣魚諸島と呼称し領有権を主張している尖閣列島を含む、離島の防衛力を強化する役割を果たすことになります。
予算の中には中国本土に最も近い国境の離島、与那国島に自衛隊のレーダー基地を建設する費用も含まれています。
防衛省はアメリカ海兵隊に倣い、日本にも同様の部隊の創設を狙っています。
日本はこれまでロシア、北朝鮮を仮想敵国とした防衛プランを重要視していましたが、現在は中国を念頭に南部、南西部へと戦略プランの変更を行っており、日本版の海兵隊はこの地域の離島を敵の手から奪還することを目的としています。

しかし構想の要のひとつであるべき沖縄県で、その戦略が崩壊する可能性が出てきました。

東京から南西に1,600キロ彼方にある沖縄本島は、日本国内にあるアメリカ軍基地の実に4分の3が集中しています。
選挙で現職を破り当選した翁長雄志(おおながたかし)新沖縄県知事は、日米両政府が進めようとしているアメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古地区への移設に反対することにより、米軍基地の存在のあまりの重さに対する沖縄県民の膨れ上がる怒りを得票に結びつけました。
現在、沖縄県民の怒りは人口稠密な宜野湾市の真ん中にかなりの面積を占有している普天間空軍基地に集中しています。
普天間基地は数十年の間、沖縄県民にとっては耐え難い騒音と許しがたい犯罪の温床であり続けました。

沖縄基地反対
2006年、普天間基地の設備の老朽化に伴い、日米両政府は比較的人口密度の低い沖縄本島北部の静かな漁村である辺野古に新しい基地を建設することに合意しました。
しかし、この合意が新たな論争を引き起こすことになったのです。

反対派は日米同盟に基づく国民の負担は沖縄県民も日本本土の住民も、等しく負担すべきであるとの考えから、新たな基地は日本本土に建設すべきであると主張しています。

現地で行われた世論調査では、沖縄県民の5分の4が辺野古沖に新たな基地を建設することに反対している事実を明らかにしました。

年長者の活動家たちは、建設現場に工事用のトラックが入るのを妨害する抵抗運動を始めました。

安倍政権が最終的に取りまとめた予算案では、沖縄県に対する一般歳出を160億円減額する一方で、普天間基地移設を始めとする米軍基地関連費用として1,470億円を計上しました。
それは安倍首相が反対運動を力で抑え込み、2020年までに海軍力の半分を太平洋に配置する計画を進める米国との同盟関係を一層強化するという、安倍首相の無言の意思表示でもあります。

翁長沖縄県知事に対しては、今後も基地建設反対派と手を結び続けることに対し、政治的圧力が強まり続けています。
与那国島の自衛隊基地建設反対問題では、2月22日に町民による住民投票が行われることになっています。

沖縄戦04
その結果は悲惨な沖縄戦を体験した平和主義に立つ人々の高齢化が進む中、その最後の抵抗を示すものになるか、あるいはもっと深刻な何事かを安倍首相に伝えるものになる可能性があります。

http://www.economist.com/news/asia/21640007-japans-military-budget-swells-its-largest-second-world-war-up-arms?zid=306&ah=1b164dbd43b0cb27ba0d4c3b12a5e227
 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

軍備の増強について政府は決まって『抑止力を高める』という言い方をします。
ちょっと込み入った言い方で恐縮ですが、実際には紛争が発生した際に、外交交渉より武力行使を行う可能性の方を高くする、そういうことになると思います。
私たち日本人は、ほんとうにそれで良いのでしょうか?

 + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 第二次世界大戦、ドイツUボートの記録 】

アメリカNBCニュース 2013年10月23日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

UB01
写真に残されたナチス・ドイツの潜水艦、U-576の残骸は72年後、アメリカ東海岸のノースカロライナ沖で発見されました。
「ほとんどの人は、大西洋におけるドイツUボートとの戦いが北大西洋の冷たい、冷たい海で行われていたことを連想します。」
アメリカ海洋大気局(NOAA)のデイビッド・アルバーグがこう語りました。
「しかし実際にはアメリカ合衆国のすぐ沖合で戦いが行われていました。ほとんどの人はそうした事実を知りません。」

10月21日NOAAは、ドイツのUボートの残骸がノースカロライナの沿岸わずか50キロの沖合で発見されたと発表しました。
U-576は1942年7月15日に沈没したアメリカの戦時輸送船ブルーフィールドの残骸から200メートル程離れた海底で発見されました。
ヴァージニア州とフロリダ州の間を哨戒中のアメリカ軍の対潜水艦哨戒機と輸送船団の護衛艦に発見され、攻撃の後U-576は撃沈され乗組員45名全員が死亡しました。

  U-576の乗組員。(写真下・以下同じ)
UB02
司令塔の周りに集まったU-576の乗組員。
U-576は輸送船団を発すると直ちに魚雷を発射、3隻の輸送船に命中しましたが、このうち
ブルーフィールドが数分で海の底に沈みました。
UB03
U-576の監視要員。このUボートは、1941年9月から1942年7月の間北極海、北海、大西洋で計5回出撃しました。
UB04
U-576の船長、ハンスディーター・ハイニッケ。
UB05
ドイツが大西洋の制海権を巡って戦いを続けていた当時、フランスのサン・ナゼールにUボートの基地を作りました。
そこに帰還してきたU-576。
UB06

http://www.nbcnews.com/news/world/archive-photos-show-german-u-boat-crew-world-war-ii-n231596

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報