星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【福島J-ヴィレッジ潜入記 : 使い捨てられる人々】〈第1回〉

【福島J-ヴィレッジ潜入記 : 使い捨てられる人々】〈第1回〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

「福島第一原発の作業員は家族のために、放射線被ばくの危険を冒す」

Cordula Meyer / デア・シュピーゲル(ドイツ)2011年9月21日

福島第一原発の事故発生以来、管理者である東京電力は原子炉を制御下に置くための作業を、臨時作業員に頼っています。
作業員については毎日、被ばく線量を計測していますが、彼らのうちの多くは日本のために働いているわけではなく、金のために働いている、と語ります。
シュピーゲルは厳しく立ち入りが禁止されているJ-ヴィレッジに潜入し、隠れたヒーローたちに会ってきました。

[ 第1部 : バリケードの向こう側で ]
〈重労働と暑熱で消耗しきって〉

『231』 の道路標識は、ここが道路の終点であることを示しています。バリケードが交通を遮断し、破壊された福島第一原子力発電所につながる常磐自動車道を、それ以上北上することを阻んでいます。
制服姿の警官が『止まれ』の旗を打ち振っています。
夕方の黄昏の中、赤いネオンサインが「立入禁止…災害特別法」の文字を浮かび上がらせます。
赤い警棒を抱え込んだ警官は、道に迷ったあらゆるドライバーを締め出しています。
3人の警官が右方向へ通り抜けを阻んでいます。
歩いて近づいてくる人々は、大声で注意されることになります。

日夜、合計20名の警官がこの場所に詰めています。封鎖されている右方向へ進むと、そこにJビレッジがあります。
ここはかつてサッカー日本代表チームのトレーニングセンターでした。
しかし3月11日以来、日本でもっとも大きなサッカー複合施設は日本の隠れたヒーローたち、制御不能に陥っている福島第一原子力発電所を機能させるために働く、緊急作業員のベースキャンプに姿を変えています。

来る日も来る日も1,000人を超える作業員がこの場所で交代に備え、待機しています。
福島第一原子力発電所を運営する東京電力は、数年前にこの施設建設のスポンサーになりました。
しかし、この施設が福島第一原発の復旧工事のための中継所になって以来、東京電力はあらゆるメディア、そして一般市民からこの場所を隔離しました。

フロントガラスに東京電力の許可証を掲示した、バスとバンだけが検問所の通過を許されます。
これらの車両は作業員を乗せ、福島第一原発とJビレッジの間を往復しています。窓越しに疲れ切った様子の作業員の頭が見えますが、ほとんどの人が30分間の帰路、居眠りしているのがわかります。
一台のバスがJビレッジに向かう坂を上ろうとしていますが、その中に白い防護服を身に着けた51歳 の佐々木ヒトシさんの姿があります。建設作業員としてここに来て3週間になります。彼の仕事は破壊された原子炉への道を舗装することです。
その仕事には原子炉を覆うプラスチックカバーを設置するために使われる600トンクレーンの通行を可能にするため、鋼材の支柱を敷いていくことも含まれています。

▽ 放射線チェックの列に並んで〈みんな無言で〉

佐々木さんがJビレッジに着いてまずすることは、体育館の右側にある建物に向かうことです。
その建物に向かって白い防護服、防護マスクをつけた人々の長い列ができています。
ジムの入口には箱が並んでいます。
佐々木さんは彼の靴からビニールの覆いを取りはずして、最初の箱の中に入れます。
次にマスク、合成紙でできている白い防護服、手袋、それぞれ別の箱の中に入れていきます。
たくさんの作業員が重い足取りで体育館に向かって歩いていきます。口をきく人はほとんどいません。
何人かが靴からプラスチックカバーを取り外す際、つまづいています。
別の人々は暑苦しくて汗まみれになった防護服を一刻も早く脱ごうとして、両手を使い、むしりとるように脱ぎ捨てています。
その後、彼らは放射線チェックを受けるため、列を作って並ぶのです。

ほとんどの作業員が防護服の下に、長袖の濃紺の下着だけをつけています。
長時間暑苦しく湿度も高い環境で働かなければならない作業員は、防護服の下に青い色のベストをつけることを許されます。このベストには暑熱によって体力が奪われないよう、冷却剤が装着されています。
何人もの作業員が倒れました。
8月だけで13人の作業員が、原子炉5号基、6号基の前に建てられた緊急処置室に入ることを認められました。

5月、60歳の労働者が一人死亡しました。
心臓発作だったということです。

にわか仕込みで訓練された作業員の一団が、作業員一人一人の被ばく線量をチェックします。
これらの担当者も防護服を着込み、青い帽子と紙製のマスクを着けています。
体育館の隅にあるバスケットボールのゴールの下、折り畳みテーブルの上に4台のガイガーカウンターが用意され、その隣には3台の線量計がしっかりと固定されています。

検査担当者は大きな器具を抱え、ガイガーカウンターに見入っています。
彼らはセンターをまず頭部にあて、次に左右の腕をなぞっていきます。そして胸、胴体、そして両脚をチェックします。
検査を受ける間、作業員は放射性物質を吸着するよう作られたマットの上に立たされています。
多くの男性が20代前半のように見受けられますが、何人かの年老いて疲れ切った様子の男性も混じっています。

〈つづく〉
出典 : http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,786650,00.html
+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

今日から新しいシリーズを始めさせていただきます。

このシリーズもこれまでご紹介した、
◆ フランスのル・モンドの【まだまだ続く『がんばろう!』】( http://kobajun.biz/?p=1297、 http://kobajun.biz/?p=1303 )、
◆ アメリカCBSニュースの【津波のあとの姉妹都市】( http://kobajun.biz/?p=1217 ほか)、
◆ アルジャジーラの【放射能の無い日本への戦い】( http://kobajun.biz/?p=1155 ほか)
と並んで、静かな語り口で淡々と叙述される文章を読み進むうちに、いつしか感動すら覚える内容を持っています。
タイトルにある「使い捨てられる人々」の意味は、第3回で明らかになります。

日本の東日本大震災の新聞報道等は、読む人にある特定の画一化された感想を求めているように感じることがあります。
登場する人々も、少し美化され過ぎているように思える時があります。

今回のJ-ヴィレッジの登場人物は、美化されている人など一人もいません。
しかしその代わり、一人一人の登場人物にしっかりした存在感のあることに驚かされます。
個人的には、記録文学の受賞に値するクオリティを持っていると思うのですが、皆さんのご感想はいかがでしょうか?

後半はABCニュースの記事として、一度ご紹介したことがあります( http://kobajun.biz/?p=1098 )。
NBCの[ メイキング・ア・ディフェレンス ]は、様々な人々が、様々な場所でアメリカを良くしようとしている姿を伝えるシリーズです。
可能な限り数多く、ご紹介していきたいと考えています。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 2人の若者の大陸横断ごみゼロ作戦 】

アメリカNBCニュース 11月17日

NBC国際放送の緑の週間に合わせ、ナイトリーニュースが大きな夢と丈夫な足を持った二人の青年をご紹介します。
ジェフ・チェンとデイヴィー・ログナーの2人が運営する非営利組織[ピックアップ・アメリカ]は、大陸横断をしながらごみを拾い集め、ごみゼロのメッセージを普及させています。
2010年3月から、チェンとレグナーは、ほぼ2,000マイルを走破しながら140,000ポンド(6.3トン)以上のゴミを集めました。

しかし、彼らは二人きりではありません。
彼らは進みながら、たくさんのボランティアと協力し合いました。ある人は一日付き合い、一カ月間行動を共にした人もいました。
チェンとログナーの2人は[ピックアップ・アメリカ]の取り組みによって、この国の一人一人がこれまでの振る舞いを改める気になり、そうした変 化が長続きするよう願っています。
「僕は、人間が地球に対し、こうした敬意を持つようになるよう、願っています。そして、こうした取り組みは私たちのような、若い世代が率先してやるべきだと思っています。」
チェンはこのように語りました。

[ピック・アップ・アメリカ]は予定通りに、その旅程の半分を完了しました。
彼ら二人は現在デンバー郊外に居り、メリーランド州でゴミ拾いを行い、その後サンフランシスコを目指すことになります。
彼らの旅は一年以内にサンフランシスコで終了します。
しかし二人は彼らのメッセージが長く人々の心に残ることを願っています。

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報