星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 【アメリカで始まった再生可能エネルギーの専門教育】

【アメリカで始まった再生可能エネルギーの専門教育】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

今日はアメリカではすでに再生可能エネルギーの専門家、技術者の養成が始まっている、という話題です。
3.11以降、世界が動き始めているのを日々感じます。
なぜ、本家本元の日本がこうも動かないか、切歯扼腕する思いです。
太陽光発電は部品が「中国製や韓国製だから」
だったら日本で作ればいいだけの話じゃないですか、その分の雇用も生まれるし。
「再生可能エネルギーはコストが高くつく」
今回、東京電力を国が救済する、つまりは税金を投入する事になりましたが、いったい国民一人当たりいくら負担する事になるのですか?

そして動画はNBCが時々やってくれる、私の大好きな『おばかネタ』です。
『A10』とは何ぞや?
突き止めるまでしばらくかかりました。
原稿の中身から言って、最初はサメの分類かと思い調べてみたのですがわかりません。
思いあまってグーグルの画像検索に『A10』と入力してやっと解決。
出てきた画像を見て
「そんなワケ無いだろ!」
と大笑いでした。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 再生可能エネルギー産業従事者のための職業訓練始まる 】

アメリカAOLエナジー 8月20日

気が滅入るようなアメリカの失業者数が改善されない中、再生可能エネルギー関連産業で働くための職業訓練が、さまざまな機関で優先順位の上位に来ています。
コロラド州の私立大学エコーテック大学は、現在のところ再生可能エネルギー分野に関する学生の訓練に完全に特化した、最初の唯一の大学です。

アメリカ教育企業が所有・運営するエコーテック大学は、急速に拡大している再生可能エネルギー業界のニーズを満たし、必要な技術と専門的なスキルを持った労働力として、その卒業生を送り込もうと考えている、と語ります。
新学期には約300名の学生が、この科の学生として在籍する予定である、と、エコーテック大学のディーン・グレン・ウィルソンは語りました。

カリキュラムは、再生可能エネルギー、耐久的設計、およびエネルギー効率分野の講義を行いますが、一時間あたり365ドル(約28,500円)の費用がかかります。

訓練は学生の就職を前提としていますが、大学側は再生可能エネルギーのキャリアは、就職のチャンスを拡大すると見ています。
「私たちはこうした判断をもとに、キャリアアップのためのパートナーとして、企業側が求める人材を育てるカリキュラムを組上げています。」とウィルソンは語ります。
現在の私立大学に関する調査結果はエコーテック大学の教育について潜在的な懸念の存在を示唆していますが、大学の運営メンバーの1人コリン・コインは大学の存在域については自信を示す一方、企業の採用の可能性についての誇張されすぎている部分については否定的です。
「『異論もある』という事については一笑に付されるべきです、一体何人が債務を抱えた公立の学校を卒業したかご存知ですか?」彼はAOLエネルギーに語りました。
「エコーテックは、迎え入れてくれる職業が必要とする技術を、十分以上に訓練しているのです。」
エネルギー産業界における、訓練され、いつでも働ける人材への増え続ける需要は、エコーテックにテキサス州オースティンでの新たな大学の設立へと踏み切らせることになりました。

「私にしてみれば、経済界における再生可能エネルギー分野の専門家と技術者に対するニーズの増大は明らかであり、であれば前へ進み、事業を発展させる事は自明の事だったのです。」とコインは語ります。

急速に変化するエネルギー産業は多くの学生の関心を集め、エコーテックのこの学年の学生たちに、専門分野への研鑽を促す結果となっています。
海軍の退役軍人であり、今はエコーテックで風力発電を専攻する学生であるマイク・ストレイトは、将来に向け増大し続けるエネルギー産業の重要性が、彼にエコーテックへの入学を決心させた、とAOLエネルギーに語りました。
「残念ながらアメリカは、他の国や地域と比べ、雇用の面で遅れを取っています。しかし、再生可能エネルギー分野の専門科と技術者を養成する事は、アメリカの雇用の質と量を改善するのに大きく貢献すると考えています。」
ストレイトはこう語りました。

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +
動画[カリフォルニアの写真家が撮影したサメとサーファー]

アメリカNBCニュース 9月2日

ここ数日、一連の鮫の目撃例が南カリフォルニアの海岸沿いに報告されていますが、どうやらそのうちの一匹の撮影に成功したようです。
地元の写真家がエンセニタ・ビーチで、サーファーのグループに混じって、大きな波の中にサメの後ろ姿らしきものを撮影しました。
少なくともたった1人の鮫の専門家が、これこそ『A10』に間違いない、と語っています。


アメリカ空軍『A10』戦闘機

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報