星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 『善玉』HDLコレステロールは、期待したほど健康に良い訳ではない – 新たな研究で明らかに

『善玉』HDLコレステロールは、期待したほど健康に良い訳ではない – 新たな研究で明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

ライアン・ジャスロウ / アメリカCBSニュース 2012年5月17日

[スマートフォンの方はこちら]
http://www.cbsnews.com/8301-504763_162-57436495-10391704/good-hdl-cholesterol-may-not-protect-heart-after-all-study-suggests/?tag=cbsnewsSectionContent.8

聞いたことはありませんか?
「善玉コレステロール、高密度リポタンパク質(HDL)は心臓病に対する予防効果があり、一方の悪玉のLDLコレステロール、こちらは心臓疾患を高い確率で悪化させる。

新しい研究結果により、『善玉』HDLコレステロールが心臓疾患に対して、かつて医師が考えていたような良い効果はなさそうなことがわかりました。

今回の研究ではおよそ170,000人分の遺伝子の分析を行い、初期段階ではHDLコレステロールが自然に上昇した場合にDNAにどのような変化が起きるのかを調査しました。
およそ15に分けられたDNAの変化パターンを確認した後、一塩基多型(SNP)と呼ばれる遺伝子の塩基配列が1カ所だけ違っている状態になった検体が、そうした変化が起きなかった検体に対し、心臓病発症リスクを軽減する効果は見られなかったことをつきとめました。

例えばSNP状態、すなわち「内皮リパーゼ遺伝子の変化をタンパク質コード化された」状態の人はそうでない人と比較して10%ほどHDLコレステロールの量が多くなります。これまではそのことにより心臓疾患のリスクが13%減少すると見られていました。
しかし新たな研究の結果、双方の心臓疾患のリスクに関して、差が無いことが分かったのです。
「これまではHDLの値を上げることが出来ればその患者、あるいは患者のグループについては、心臓発作の危険性を下げることが出来る、と考えられてきました。」
こう語るのはマサチューセッツ総合病院の心臓病予防責任者で、ハーバード大学医学部助教授のセカー・カシリザン博士です。
「しかしこの見解は現在では、根本的に疑問を持たれています。」

カシリザン博士は確かにHDLは心臓疾患のリスクを下げることに関わっていはいるものの、新しい研究結果により、薬を飲んでまでHDLの量を増やすことには疑問が生じている、とウエブ・メディカルに語りました。
新しい研究結果によれば血液中のコレステロールは、それぞれ大きさと密度が異なるリポタンパク質と呼ばれる物質により体内に運ばれて行きます。
現在、LDLの高い値と心臓発作の間には、明らかに因果関係があるとされています。そして数十年に渡る研究結果 – 今回の調査に類似した遺伝子の研究も含め – は、スタチンとして知られている脂質を低くする薬の開発への道を開きました。

しかしHDLに関しては30年以上前にその値が高くなるにしたがって心臓疾患が減る傾向にある、という事がわかった以外は、研究によってもその解明は進みませんでした。
以来マウスを使った実験によって似たような結果が得られましたが、研究者はその因果関係をはっきりと結論付けるまでには至りませんでした。
今回の研究により初めてHDLの役割を明らかにできるかもしれないと、研究者の一人が明らかにしました。
「今回の研究を通し、HDLの上昇がすべて心臓疾患の減少につながる訳ではない、ということがはっきりしました。」
研究者の一人、ペンシルベニア大学の薬理学助教授ベンジャミン・F・ヴォイト博士が大学が発行した声明の中で述べました。
この研究に関わっている複数の専門家も、この見解に同意しているようです。
「ことHDLの問題に関しては、私たちは再び一から検討しなおすことを真剣に考慮するべきでしょう。今回の研究の結果が求めているのは、研究のやり直しなのです。」
マイケル・ラウア博士(国立心臓・肺・血管研究所所長)がニューヨークタイムズに話しました。
「私たちはHDLの解明のための基礎的研究を行っている研究者たちを、支援する必要があります。本当のところ、HDLの働きとは何なのかを解明するために。」

HDLの値を上昇させることにより心臓発作や脳卒中の危険性を引き下げるという治療法について、新しい研究結果は多くの疑問を投げかけることになった、とコロラド州オーロラにあるコロラド大学薬学部の薬学教授であり、アメリカ心臓学協会会長のロバート・エッケル博士がウェブ・メディカルに語りました。
「HDLの濃度は確かに心臓発作や脳卒中の危険性と関係がありますが、だからと言ってHDLを上げることで危険が減ることにはならないのです。」
「医学的に証明されているのはLDLの値を下げれば、心臓発作や脳卒中の危険性が下がるという事だけなのです。ですから大切なことは同じ、『とにかくまずLDLの値を下げることが先決』なのです。」

http://www.cbsnews.com/8301-504763_162-57436495-10391704/good-hdl-cholesterol-may-not-protect-heart-after-all-study-suggests/?tag=cbsnewsSectionContent.8

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【新たなる発掘】秦代の兵士の彫像
アメリカNBCニュース 6月9日


【中国湖北省のある日】ここまでひどい大気汚染
アメリカNBCニュース 6月9日

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報