星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 『犯人探し』は今、するべきことなのか?!

『犯人探し』は今、するべきことなのか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

果然、というべきか、またしても、と言えばいいのでしょうか。
今度は東京電力福島第1原発1号機の炉心冷却のための海水注入が中断したことの「犯人探し」が始まりました。

アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントン 第二次世界大戦が終わって65年、国民が今程「日本の政治の不毛」を感じさせられている時はない。 アメリカ独立の英雄、ワシントンは「偶然現れた」のではない。 インディアンを迫害するなど今となれば人としての問題点も感じるが、彼を司令官として選んだ人々の真摯な期待が、彼を比類なき指導者に育て上げた。

アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントン 第二次世界大戦が終わって65年、国民が今程「日本の政治の不毛」を感じさせられている時はない。 アメリカ独立の英雄、ワシントンは「偶然現れた」のではない。 インディアンを迫害するなど今となれば人としての問題点も感じるが、彼を司令官として選んだ人々の真摯な期待が、彼を比類なき指導者に育て上げた。

首相が指示した、指示しない、ということが焦点のようですが、要は「今度こそ菅降ろし」を実現させようと言うことなのでしょう。
首相の「人格と品性」については震災以来、すでに多くの日本人がその本質をうかがい知ることになっていると思います。
天皇・皇后両陛下が避難所を時間をかけて被災地ごとに訪問され、ひざまづかれて被災者の一人一人を丁寧に慰め、力づけられ、さらには水仙の花(http://kobajun.biz/?p=433をご参照ください)の様なエピソードが生まれました。
5月21日に来日された韓国のイ・ミョンバク大統領も避難所の一家族の区画の中に座り込み、まるで親戚のおじさんが見舞いにきたかのように親身になって、被災者を見舞っておられました。
これに対し、我が国の首相は避難所を訪れた際、立ったまま通り一遍の挨拶をして立ち去ろうとし、被災者から怒号を浴びせられました。
そして国民新党亀井氏の嘆き。
「首相は先日、家族とホテルで食事したそうだが、なぜ震災で親を失った子供たちと一緒にカレーライスを食べようという発想にならないのか....」
巧言令色少なし仁。
高校の漢文の時間にみなさんも習われたと思いますが、現実に見せられると何ともやりきれない思いになります。

しかし、だからといって一国の最高権力に連なる国会議事堂に出入りする人間が、今この時に政局争い、権力闘争に血道を上げて良い、という事にはならないと思います。
与党も野党も、日本の国会議員には『日本国の公僕』として、今、やらなければならない事が山積みしているはずです。
親を失ってしまった子供たちは、毎晩夜の闇におびえているのです。
子を失ってしまった親たちは、多くが生きる目的を見失ってしまいました。
震災から子を守った親たちも、今度は職を失って希望を失いかけています。
震災前から孤立しがちだった高齢者の方々は、いまや生命の危険にさらされています。
これら震災で絶望から、悲嘆から、苦悩から立ち上がれないでいる人々を踏み台にして、自分が権力の座にのぼろうなどは、許される行為ではありません。

犯人探しは、福島第一原発の4基の原子炉すべてを安定化させてからやってください。
溢れ出す高濃度汚染水の持って行き場も無くなってきているはずです、これをどうするのですか?
私たち日本国民にとって、今回の事態の犯人探しをするべき時はただ一度です。
『事態が終息した後』二度とこのような事故を起こさない、そのための対策を確立するために原因を明らかにする必要がある、そのときだけです。

twitter

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報