星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 『国家の主人公、それは国民』独裁者プーチンに立ち向かえ!〈第2回〉

『国家の主人公、それは国民』独裁者プーチンに立ち向かえ!〈第2回〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

【ロシアでも成長を続ける市民運動】立ち上がる市民たちが、国を変える!
「旧体制側の権力者、そして老人たちに対し、対抗できるだけの力を」

ベンヤミン・ビッダー、マティアス・シェップ / シュピーゲル・オンライン 11月25日

第2部[ ささやかな勝利 ]

011601
ロシアの新興勢力と旧体制との戦いは、世代間の戦いでもあります。
カズの宿敵、セルゲイ・イェレメフは59歳、地区の行政区長を務めています。
彼はソビエト連邦時代、秘密の武器工場で働いていました。そして現在は人々に恐れられる、クレムリンの影響力を隅々まで届かせるための、プーチンの『垂直権力機構』の一員でもあります。
この仕組みは民主主義とはほとんど無関係で、むしろ封建主義に近いものです。
イェレメフの場合は、モスクワ市長が組織・任命するモスクワ市政府によって選ばれました。
その市長は同様に大統領によって任命されます。
選挙によって選ばれた人間は一人もいませんが、この国の権力機構をしっかりとその手につかんでいます。
ロシア全土で、この形がとられています。

シュキノ地区の年間予算は225億円ほどですが、
「選挙によって選ばれた市民の代表が関与できるのは、予算全体の2%程度でしかありません。」
カズがそう説明してくれました。

彼は現在幼稚園の改築のための予算を検討する会議に、多くの時間を費やしています。
彼はまた、行政区長のイェレメフの活動内容を詳細に調査しています。
改築作業を始めてしまってから、行政区長は地区評議会の承認を得るだけで良い現在の制度は、腐敗につながらないのでしょうか?

カズは、嘆願書を書くこと、そして法律の条文の解釈の仕方を学びました。
「今の社会を変えて行くためには、我々は現在のシステムについて理解を深めなければなりません。」
シュキノ地区に引退した老人たちが腰を下ろして休むことが出来るよう、彼は公園にベンチを設置するよう働きかけています。
また彼は地区の会議の様子をビデオ録画する許可を得て、それをウェブ上で閲覧できるようにしています。

しかしカズの最も大きな成果は、市当局がツヴェスカヤ通りの歩道を駐車スペースに転換しようとした際に得られることになりました。
カズは50人のボランティアを組織し、パーキングエリアを作ればどれだけのドライバーが恩恵を被ることになるか、そして何人の歩行者が駐車車両の間を身を縮めて通り抜けなければならなくなるかを、実際に計測しました。
結果は明白になり、市当局は道路上の違法駐車の取り締まりに乗り出さざるを得ませんでした。

011701
こうした類いの小さな成功譚を、カズはプーシキン広場にあるマクドナルドの店で、フライドポテトを口に放り込みながら話してくれました。
これはこれまでとは少し違う、クレムリンの独裁に抵抗するための新しいやり方です。
長い目で見ると、議会内での様々な工作よりも、こうした運動の方がプーチンにとってはより脅威に感じられることになるでしょう。

▽ 下からの変化

カズは来年、モスクワ市議会に議席を得るため奔走するつもりです。
「我々は旧体制側の権力者、そして老人たちに対し、対抗できるだけの勢力を築かなければなりません。」と、彼が語りました。
「新しいタイプのリーダーたちが引っ張る、改革派の勢力を。」

新しい市民運動が、主に都会で暮らす若者たちによって形作られつつある、こう語るのは
社会学者ナターリヤ・スバレビッチです。
政治学者のドミトリー・オレシュキンがプーチンのやり方は旧ソビエト時代そのままであり、
「プーチンと言えど、下から盛上る改革への意識を押さえつけることはできません。」
今はもう、ポスト・ソビエトなのだと説明しました。

モスクワの南数千キロメートルのとある場所で、25才の女性がプーチン率いる統一ロシアの独占的地位の足元をぐらつかせるための方法を模索しています。
アイリーナ・オリエニコヴァは地方における抗議運動の先頭に立ってきましたが、共産党との連携に踏み切りました。
そして小さな都市クレショフカの市長選挙で、彼女は統一ロシアの候補者を破ったのです。
オリエニコヴァの年齢は、統一ロシアの対立候補者の半分でしかありませんが、倍の得票数を得て、ロシアで最も若い市長になりました。

アイリーナ・オリエニコヴァ

アイリーナ・オリエニコヴァ


人口14,000の都市クレショフカは、ドン川デルタの中の大草原にあります。
街の外れに、ソビエト連邦時代に建設された子供たちの巨大なモニュメントの残骸が残されています。
同様にこの市の統治機構の中にも、ソビエト連邦時代の旧弊な仕組みが残されています。
市役所の不親切な受付も、1980年 代、ブレジネフ統治時代のままです。
そして派手なスポーツ・トロフィーが市役所内に展示されています。

市長に就任したオリエニコヴァは市の職員全員の履歴書と、市が所有する不動産資産のリストの提出を求めました。
彼女の前任の市長は充分な書類を持っていましたが、可能な限りそれらの書類を破却して去っていったのです。
彼女は残された書類から、可能な限り修復を試みました。
そして就任して間もなく、2つの目標を定めたのです。
まず市役所内のコミュニケーションを迅速にするため、新型の内線システムを導入しました。
次に彼女は市の資産であるはずの不動産の権利書を持ち去った地方の有力者たちから、それを取り戻す算段をしています。
「大きな仕事を成し遂げるためには、まず小さな事から片付ける必要があるの。」
そして彼女はこう続けました。
「国家、それは私たち国民のことのはず。」

昨年の4月、クレショフカの中心にある国内でも有名な樫の森に作業員が集まり、片っ端から木を切り倒し始めました。これに気づいた200人ほどの地元の人々が集まり、その作業を阻止しようとしました。
オリエニコヴァも少女時代にたびたび家族とともにこの森を訪れ、ピクニックをしたり、ゲームをして遊んだ記憶がありました。
やがて警官隊がやってきて住民側の主立った人間を逮捕しようとしましたが、その時警官隊の前に立ちはだかったのがオリエニコヴァでした。
弁護士であり社会学者である彼女は、病気の木を取り除くためにやってきたはずの作業員たちが、29本の健康な樫の木を切り倒した事実を突きつけました。
市長が表向きは病気の木を取り除く指示を与え、開発業者がその場所にとある施設を建設しようとしていたのです。
裏取引があった事は明らかでした。
この事件の告発をきっかけに、彼女はリーダーに押し立てられ、新しい道を進む事になったのです。
「人々はやっと、市民としての権利を勝ち取るための戦いに立ち上がったのです。」
オリエニコヴァがこう語りました。
そして今、クレショフカで起きているような事が、ロシア全土に広がりつつあります。
〈第3回・[下からの改革]につづく〉

http://www.spiegel.de/international/world/grassroots-movement-gains-momentum-in-russia-a-868338.html
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【 スタック、スタック、スタック! : ダカール・ラリー2013・第6ステージ 】

アメリカNBCニュース 2012年1月11日
(写真をクリックして、大きな画像をご覧ください)

ダカール・ラリー第6ステージ、ペルー・チリ間。1月9日。

ダカール・ラリー第6ステージ、ペルー・チリ間。1月9日。


ヤマハ・チーム、1月10日。

ヤマハ・チーム、1月10日。


スペイン・チームのミニ・クーパー。

スペイン・チームのミニ・クーパー。


チリのライダー。

チリのライダー。


アルゼンチン・チーム。

アルゼンチン・チーム。


アルゼンチン・チーム

アルゼンチン・チーム


イタリアのライダー

イタリアのライダー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報