星の金貨 new

星の金貨 東日本大震災や音楽、語学、ゴルフについて語るブログです。

ホーム » エッセイ » 「ここにも希望はある」原子炉のメルトダウンから見学ツアーへ《前編》

「ここにも希望はある」原子炉のメルトダウンから見学ツアーへ《前編》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

福島から原子力発電所事故の記憶が消えることはないかもしれませんが、それでもそこには人々の暮らしがあるのです

巨大自然災害と福島第一原発の巨大事故により、経済基盤を台無しにされてしまった被災地

ジャスティン・マッカリー / ガーディアン 2018年10月17日

 

巨大地震と巨大津波の発生により福島第一原子力発電所が崩壊してから約8年が過ぎた今も尚、その傷跡が癒えることはありません。

痛めつけられ廃墟となった家屋が、もう作物が実ることのない水田の中に放置されています。
2011年3月11日の午後、日本の東北太平洋側の3県を横断し、福島県の1,600人の含め18,000人以上を殺した津波の通り道にはそんな光景が散らばっています。

 

福島ブランドは永遠に原発事のイメージがついてまわるかもしれませんが、一部の住民はわずかな期間福島を訪れることにすら危険が伴うという噂に憤慨しています。

 

彼らは福島に暮らす人々がいて、その生活が続いているという事実を世界に伝えるため観光に取り組んでいます。
「ここにいる人々は恐怖の闇の中で暮らしているという見方には納得していません。」
と少人数の団体にツアーを提供している地元のグループのひとつである『リアル・フクシマ』でガイド役をしている福島県職員の佐々木修三氏がこう語りました。

「福島である以上、ここは危険であるに違いないという考えはまったくの間違いです。」
ジョージア工科大学の学生たちの案内をしたばかりで、来年はデンマークから来る高校生グループのホスト役を務める予定の佐々木氏がこうつけ加えました。

 

今年の夏、ニュージーランドのジャーナリストのデイヴィッド・ファーリアー(David Farrier)氏が主催するネット・フィクス(Netflix)シリーズで『闇のツーリスト(Dark Tourist)』が公表され、その中で福島の印象を変えようと取り組んでいる人々が直面する絶望的な状況が書かれていました。

紹介されたエピソードの一つには、ファーリアー氏と数人の観光客が福島第一原発の周辺をマイクロバスで視察中、彼らの視線は放射能の線量計に釘付けになっており、計測値が跳ね上がる度彼らは目に見えて動揺している様子だったと書かれていました。

 

彼らは嫌々ながら被災地近くのレストランで昼食をとりましたが、随行していた県の職員が福島産の食品中の放射線量はEU諸国やアメリカ産の食品に含まれるよりはるかに低いと説明したにもかかわらず、ファーリアー氏は出された料理も放射能に汚染されているのではないかと疑っていました。

 

除染が行われた地域では放射線量は1時間あたり0.23マイクロシーベルトで、毎日屋外で8時間屋内16時間を過ごすと仮定した場合の年間被曝線量は1ミリシーベルト以下になり、設定された年間の目標をクリアしています。
放射線に対する人間の被曝線量の世界平均は、年間2.4〜3ミリシーベルトです。

小高区でランタン・ハウスというゲスト・ハウスを運営するリアル・フクシマのメンバーでガイド役を担当している平かりんさんは、ネット・フィクス(Netflix)のドキュメンタリーは放射線の危険性を誇張し過ぎており、被災地を完全否定するイメージを作り出してしまっていると主張します。
「この場所が絶望に支配されているかのような印象を与えるものでした。」
平さんがこう語りました。
「でもこの場所にも希望があるのです。」

 

しかし、津波と原発事故による荒廃の傷跡が消えたわけではありません。

太平洋を見下ろす丘の上には、津波にのまれて死亡した182人の浪江町民の名前が記されています。
そして内陸部は津波の到達範囲以上にはるかに広大なエリアが、別の大きな悲劇に見舞われたことを証拠だてています。

 

被災した福島第一原子力発電所からわずか2キロ離れた熊谷小学校では、避難命令が出された瞬間そのままに本や鞄などの持ち物が放置されたままになっており、教室全体が凍りついたように成っています。
外では草木や雑草が生い茂り、人間の姿を見かけない道路の上を野生のイノシシやアライグマが自由に歩き回っています。

3基の原子炉のメルトダウンによって避難した約15万人の人々のうち、後になって少数の人々だけが政府によって安全と判断された区域に戻りました。
一部の地域では日本政府が主張するより高いレベルの放射線量が実際に観測された事実を基に、子どもたちが長期間放射線に被曝する危険性を懸念している保護者もいます。

 

すでに他の場所に定住して新たな生活を築いた人々は、巨大な自然災害と福島第一原発の巨大事故によって経済基盤を台無しにされてしまった場所には、再び戻るべき魅力的な理由はないと考えています。

 

《後編に続く》
https://www.theguardian.com/world/2018/oct/17/there-is-hope-here-fukushima-turns-to-tourism-after-nuclear-meltdown

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 

ガーディアンのジャスティン・マッカリー氏の福島に関する記事の基本にあるのはヒューマニスムです。

以前ご紹介したガーディアンの編集方針の大本を示した【 危機の時代のジャーナリズム 】( http://kobajun.biz/?p=32830 )で編集主幹のキャサリン・ヴィナー氏は、市民の視点に立つ公正中立の報道を標榜しました。

ジャスティン・マッカリー氏の記事はその典型ともいうべきであり、私はこれまで同氏の記事をおそらく200本以上翻訳していると思いますが、福島第一原発の報道に関しても、例えば東京電力や日本政府に対する批判も先鋭化したものは多くはありません。

しかし福島第一原発の事故が紛れもない『人間の悲劇』であることを強く感じさせます。

 

ジャスティン・マッカリー氏の記事を翻訳していて、私自身、福島第一原発の事故現場には自分と同じ『人間』が暮らしているという視点を忘れてはならないということを痛感させられます。

自分がガーディアンのサポートメンバーになったのも、同氏の存在と無縁ではありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

このサイトについて
ほんとうの「今」を知りたくて、ニューヨークタイムズ、アメリカCNN、NBC、ガーディアン、ドイツ国際放送などのニュースを1日一本選んで翻訳・掲載しています。 趣味はゴルフ、絵を描くこと、クラシック音楽、Jazz、Rock&Pops、司馬遼太郎と山本周五郎と歴史書など。 @idonochawanという名前でツィートしてます。
最近の投稿
@idonochawanツィート
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報